喉腫れで抗生物質(ジスロマック)を飲んだ話

以前に風俗に行きまして、その後風俗が原因かどうかはわかりませんが喉が痛くなり、腫れて熱も出るようになり、その時会社が正月休みで実家に帰省していました。

近所のお医者さんに行くと風邪だと言われまして数日様子を見ていました。

しかし、全然良くならず、どんどん悪化していきました。

そこで、川崎の病院に行くことにしました。

病院ではまず内科に案内されまして喉の痛みを訴えると、皮膚科に行ったほうがいいと言われました。

皮膚科に行ってみると女性のお医者さんが対応しまして、喉にイソジンみたいな茶色の液体を塗りました。

お医者さんには風俗に行ったとは言わずに、喉が痛くなったと説明しまして、お薬にファイザーの青色の抗生物質ジスロマックを貰いました。

ジスロマックの効き目は強いのでとの説明を受けました。

ジスロマックを飲んでみると約数時間で嘘のようによくなり、喉も痛みも消えました。

そのとき始めて抗生物質を飲んでみましたがとても効果てきめんで、もっと早く病院に行って、抗生物質を飲めばよかったと思いました。

喉の腫れの症状がそれまでホント辛く喋るのも億劫で、熱も出ていたので、会社にも行くことができず、インフルエンザだと思っていましたがどうやら違うようで、病名は結局わからなかったのですが、お医者さんにとても内心感謝しました。

その翌日くらいから会社にも行けるようになりましてびっくりです。

今回は風俗が原因なのか何が原因なのかがわかりませんが、僕は風俗でキスをしたときに何かの病気に感染したのではないかと疑っています。

その時クリスマスでインフルエンザの可能性もありますが、関節の節々が痛くなかったので個人的判断で違うとは思います。

お薬代は五百円くらいで、病院でかかったお金は二千円くらいでした。世の中にはものすごいよく聞く薬があるもんだなーと経験で学びました。
 
(北海道 匿名希望さん)