メイアクトMS小児用細粒が子どもの溶連菌感染症に効きました。

先日、子どもが溶連菌に感染しました。

風邪かなと思ったのですが、念のため病院を受診して良かったです。

溶連菌は大人にも感染する病気で、抗生物質をきちんと服用しないと合併症を起こす可能性があると医師から説明がありました。

出されたお薬は、メイアクトMS小児用細粒10%でした。

メイアクトMS小児用細粒10%を、1日3回毎食後服用しました。

お薬をなかなか飲まない子なので大変でしたが、10日間忘れずに飲ませました。

うちの子は感染に気づくのが早かったため、発熱と喉の痛み程度の症状しかありませんでした。

ですが喉の痛みはひどかったようで、水分もあまり摂れない時がありました。

メイアクトMS小児用細粒10%を飲むとすぐに効果があり、食べ物・飲み物を欲しがるようになりました。

感染して早い段階で抗生物質を飲んだこともあり、溶連菌の症状は軽く済みました。

ただ溶連菌が回復してくると、メイアクトMS小児用細粒10%を服用することを忘れそうになりました。

溶連菌の症状が良くなってくると、「もう大丈夫」と自己判断して抗生物質の服用をやめてしまう方も多いようです。

ですが、溶連菌感染症の完治の目安は2~3週間といわれ、その間は体内に菌が残っています。

抗生物質の服用を中断してしまうと、体内に残った菌が急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を引き起こす可能性があるのです。

溶連菌感染症は昔、法定伝染病に指定されていた死亡率の高い病気だったそうです。

現在では適した抗生物質を服用すれば、まず問題なく治ります。

ですが、油断は禁物です。

出された抗生物質はきちんと最後まで飲みきりましょう。

途中で止めてしまうと、再び菌が増殖する可能性があります。

うちの子は、抗生物質を飲みきった後、病院で尿検査をしました。

この尿検査で異常がなければ、まず大丈夫とのことでした。

早期治療・早期回復のために、そして周囲への感染を防止するためにも、抗生物質をなるべく早く服用し、最後まできちんと飲みきることが大切なんですね。

(徳島県 S.Oさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です