風邪でもらった抗生物質を内服したらカンジダにかかってしまいました。

最近は、病院で処方された抗生物質は、病気が治っても最後まで内服しないと、その薬に対して抗体が出来て、今後効きづらくなってくるといわれます。

そんな、説明がなかったころ、私は、風邪が治れば内服をやめ、病院で処方されて、あまった抗生物質が自宅にたくさんありました。

春頃、熱が1日でて、その後咳だけが残って、なかなか取れませんでした。

その頃、仕事も忙しく、病院へ受診するほどのことでもないだろうと、自宅の余った、以前、風邪でもらった抗生剤を内服しました。

余っているものなので、ほんの数日間しかありません。

すぐに治るだろうと思っていましたが、なかなかなおらず、また、余っていたほかの抗生物質、風邪薬を内服しました。

そんなことを、続けていたら、次第におりものが増えてきて、かゆみも増してきました。

カンジダです。

抗生物質を飲み続けていたら、自分の体を守ってくれている常在菌まで死滅させてしまう結果となり、カンジダになることはなんとなく知っていました。

体が弱っているうえに、あってない抗生物質をいろいろ内服したことが原因だったと、思います。

結果、私は、風邪のための、内科と、カンジダの婦人科、二つを受診しなければならないことになりました。

それから、私は、飲み残した薬は、必ず破棄するようにして、自己判断で内服するようなことはやめました。

本当に、痛い目に合わないとわからない性分なんだと反省しました。

抗生物質は、炎症に効くのだからと、安易に考えて、自己判断は危ないとあたり前のことを、しみじみと感じました。

昔は、病院に行くと処方される薬も多く、医者をもうけ主義に走ってると、半分疑ってかかっていたのです。

しかし、今や、患者もインターネットなどで知識がまし、そんなことをしていては、病院といえども廃業してしまう時代です。

小児科では、ウイルスによる風邪が多いと、簡単に薬は出さない医者もいます。

病気にかかった時は、自己判断は絶対にやめて、病院にかかるべきです。

(岡山県   仮名。べべさん)




副鼻腔炎で抗生物質を使用したらカンジダと膀胱炎になってしまいました。

5年前酷い副鼻腔炎になり抗生物質を1ヵ月半毎日服用したことがあります。

それまでにも風邪で抗生物質を飲んだことはありましたがここまで長い期間毎日飲んだのは初めてです。

抗生物質を飲んでいるうちに副鼻腔炎の症状である頭痛、おでこと目の周りの痛み、歯痛、鼻水、鼻づまり等はよくなってきたものの、人生で2回目のカンジダと膀胱炎になってしまいました。

最初はカンジダにかかりました。

妊娠した時にもカンジダになったのですぐにわかりました。

婦人科に行って現在抗生物質を飲んでいること(途中でやめられないこと)を説明してお薬を使ってもらい、カンジダの軟膏をもらって帰宅しました。

カンジダは抗生物質を飲まなくなると症状は消えましたが問題は膀胱炎でした。

泌尿器科に行き、チューブを入れた直接の尿検査と膀胱の中も見て頂きましたが、どちらも問題なしで原因不明でした。

抗生物質を飲んでいることを伝えても前例がないのかあやふやで、抗生物質を飲まなくなって1カ月ほど経つまでずっと嫌なひん尿に悩まされていました。

元々膀胱炎にはなったことがなく治ってから今でも再発はありません。

自分の中ではお医者様がどうおっしゃろうと抗生物質が影響していると思っています。

その後2つ下の妹も頭痛で悩まされているというので、耳鼻科を勧めたところ、案の定副鼻腔炎で私よりも酷く2ヶ月間処方されたそうです。
(副鼻腔炎の頭痛は酷くなると薬が効きません)

酷すぎて、これで治らなければ手術しましょうとまで、副鼻腔炎の膿は抗生物質で綺麗になくなりましたが、やはり私と同じでカンジダになったと言っていました。

膀胱炎にはならなかったそうです。

よく言われる軟便になる&下痢になるはもうそのままで飲み始めは外出が怖かったです。

途中から身体が慣れてきたのかならなくなりました。

2人共便秘体質ではありません。

お薬は粉薬でいただいていました、錠剤もあるのかもしれませんがわかりません。

飲んだ感じは特に苦くもなく味がしません。

普通にお水で飲んでいました。

(北海道 はなやまさん)