急性扁桃腺炎に効く抗生物質(ジスロマック)を使って治しました。

ある日、自分は急性扁桃腺炎になってしまいジスロマックという急性扁桃腺炎に効く抗生物質を処方してもらいました。

このジスロマックは一日一回朝食後に二錠飲むのを三日続けると一週間その効能が持続するという聞くととても良い抗生物質だと思う薬です。

実際、このジスロマックを服用したことによって急性扁桃腺炎で出来てしまっていた喉の奥の白い塊(膿)はきれいさっぱり消え、のどの痛みも一週間風邪だと思って苦しんでいた期間がとても虚しくなるくらい1,2日ですっと引きました。

しかし、このジスロマックの落とし穴は、少量で効能が長い期間持続してしまうことにあるのです。

自分もこのジスロマックを処方され、処方の仕方やこの薬の効能などを聞き、三日飲むことで一週間効能が持続するということにとても惹かれていました。

そして、服用した次の日、自分の足の甲になにやら湿疹のようなものができているのです。

自分は服用していた時、季節が夏だったのもあり、寝汗がひどい時期でもあるので「寝汗かな・・・」と思ってほっといていました。

しかし、その数時間後、お風呂上りに自分の体を見てみると、全身にも湿疹のようなものが広がっていました。

これはあせもではない、と思ったので医療系の学校を卒業し看護師をしている知り合いに話してみると「それは薬疹かもしれない」と言われました。

これまで薬疹が出てこなかった自分には衝撃的な出来事でした。

すぐにこの抗生物質をもらった病院に行って話をしてみると、この薬疹の症状を抑える薬を処方してもらえました。

その薬を飲むと薬疹や薬疹のかゆみも収まり、何とか薬も抜け今では健康に暮らしています。

この経験からわかったことは、ジスロマックという抗生物質は三日飲むだけで一週間続くという良い効能を持った薬に思えます。

しかし、今回このような効能を持った薬によって薬疹が起きてしまった場合、長い間薬疹に苦しめられることになるのです。

なのでこれからはこのように効果持続時間が長い薬を服用する場合には細心の注意を払う必要があるな、と思いました。

(北海道 ショコラさん)




マイコプラズマ肺炎にかかりジスロマックを服用しました。

1、どんな病気にかかったのか、何に困っていたのか(具体的に)

私は学生の頃に、マイコプラズマ肺炎に罹患しました。
最初はだるいだけの症状でしたが、だんだん咳がひどくなって熱も40度を越すまでになって、とてもきつかったのを覚えています。
病院の先生から、通院しながらの自宅療養または入院を選ぶように言われました。
私は咳で夜眠れないのが辛かったので、入院を選びました。
その時に抗生物質を使うことになりました。
お正月明けて早々の出来事でしたので、私の家族は大変だったと思います。

2、どうして、その抗生物質を使うことになったのか

おそらく「ジスロマック」という抗生物質を使われたと思います。
その薬を使うことになった理由ですが、私は良く分かりません。
その頃はインフォームド・コンセントなど知りませんでしたので、医師の話はあまり覚えておりません。
親が医師の説明を受け、その薬に決定したのだと思います。

3、抗生物質をどのように飲んだのか、飲んだ時の感想、症状はどのように変化したか

お水で、夕食後に口で直接飲んでいました。
余談ですが、私は少し食道が細いです。
ジスロマックは粒が大きくて飲みにくかったのを今でも覚えています。
鼻水で鼻が詰まりで、息を止めたような状態で薬を飲むのにはコツが要りました。
最初に息を大きく吸ってからジスロマックを一気に飲み込まないとむせてしまいます。
一度飲み込むのに失敗して、10分くらいむせました。

約1週間ほどかけて、熱が落ち着いてきたと思います。
咳はそれよりも少し長引きました。
その頃にはもう退院して良いとのことでした。

4、抗生物質を飲み続けてどうなったか

どのくらいの期間飲んだかは、はっきりとは覚えておりませんが、そんなに長い期間ではなかったと思います。
マイコプラズマ肺炎の症状が落ち着いてきてからは、普通の咳止め薬やトローチを舐めていたような気がします。
副作用などは特にありませんでした。

5、まとめ、抗生物質を飲んだ感想

正直、薬が大きくて飲みにくかったのが心に残っています。
飲んでいた当時は特に何も思いませんでしたが、今私が親なら、子供にそんな大きな粒の薬は飲ませようと思いません。窒息してしまうかもしれませんし・・・。
ですが、抗生物質のおかげでマイコプラズマ肺炎も治りました。
マイコプラズマ肺炎は、抗生物質を投与しないと死ぬこともある病気だと後で分かりました。抗生物質がある現代に産まれたのは幸運なことだと思っています。

(熊本県 るりら)




喉腫れで抗生物質(ジスロマック)を飲んだ話

以前に風俗に行きまして、その後風俗が原因かどうかはわかりませんが喉が痛くなり、腫れて熱も出るようになり、その時会社が正月休みで実家に帰省していました。

近所のお医者さんに行くと風邪だと言われまして数日様子を見ていました。

しかし、全然良くならず、どんどん悪化していきました。

そこで、川崎の病院に行くことにしました。

病院ではまず内科に案内されまして喉の痛みを訴えると、皮膚科に行ったほうがいいと言われました。

皮膚科に行ってみると女性のお医者さんが対応しまして、喉にイソジンみたいな茶色の液体を塗りました。

お医者さんには風俗に行ったとは言わずに、喉が痛くなったと説明しまして、お薬にファイザーの青色の抗生物質ジスロマックを貰いました。

ジスロマックの効き目は強いのでとの説明を受けました。

ジスロマックを飲んでみると約数時間で嘘のようによくなり、喉も痛みも消えました。

そのとき始めて抗生物質を飲んでみましたがとても効果てきめんで、もっと早く病院に行って、抗生物質を飲めばよかったと思いました。

喉の腫れの症状がそれまでホント辛く喋るのも億劫で、熱も出ていたので、会社にも行くことができず、インフルエンザだと思っていましたがどうやら違うようで、病名は結局わからなかったのですが、お医者さんにとても内心感謝しました。

その翌日くらいから会社にも行けるようになりましてびっくりです。

今回は風俗が原因なのか何が原因なのかがわかりませんが、僕は風俗でキスをしたときに何かの病気に感染したのではないかと疑っています。

その時クリスマスでインフルエンザの可能性もありますが、関節の節々が痛くなかったので個人的判断で違うとは思います。

お薬代は五百円くらいで、病院でかかったお金は二千円くらいでした。世の中にはものすごいよく聞く薬があるもんだなーと経験で学びました。
 
(北海道 匿名希望さん)